DOG

僕が物心つく頃には家には犬がいた。

多分親にねだったのだと思う。もしかしたら拾ってきたのかもしれない。

その犬が死んでしまうと、母に

「こんなにも悲しい気持ちはいつまで続くの」

と泣きながら聞いたことを覚えている。

もうすぐ中学生なのに。


そのあとの雑種の犬は18年生きて、ある日いなくなった。

歩くこともできないほど弱っていたのに。

今でもその犬が夢に出てくる日がある。

そんな日は一日中はぼんやりしてる。


旅に出ると色々な犬に出会う。

犬目当てで野良犬が多い国を選ぶこともあった。

世界遺産やリゾートホテルにも行かないで

粗末なレストランや屋台でカレーを食べて、テーブルの下にいる犬にあげるのが

旅をしていて一番楽しかった。


気がついたらカレー屋さんをやってた。

そうだ!野良犬がテーブルの下でじっとみてくる店にしよう!

なにその目標。

もうすぐ中年なのに。